サイトメニュー

美容整形を安全に

受付

受ける前に備えておくべき準備

副作用のない美容整形術と言われるボトックス治療でも、医療施術なのでしっかり自身の状態を伝える事が必要です。ボトックス治療を受ける際に、まず医師との面談が必ず行われます。カウンセリングと呼ばれ、状態の診察や希望を伝える場になります。正確に伝える為や施術後の後悔をなくす為に、伝えるべき希望についてある程度自身の中でまとめておくとスムーズです。何よりも大切なのが持病や服用中の薬についてです。ボトックス治療はボツリヌストキシンと呼ばれる薬剤を注入する治療方法になります。ボツリヌストキシンはボツリヌス菌の神経毒を応用した薬剤で、副作用はありませんが筋肉に作用する効果があります。薬剤である事は変わらないので、薬の飲み合わせ同様に内服薬や持病により思わぬ副作用が現れる可能性もあります。カウンセリングの際には、希望以外に隠さず持病についてやお薬手帳を提示する必要があります。医師から施術について説明を受け、納得したら同意書に署名する事で申し込みは完了します。この同意については一旦持ち帰り冷静に検討してからでも問題ありません。

ボトックス治療を受けて思わぬ副作用が現れない様に、医師との面談は非常に重要です。その前に重要なのがクリニック選びになります。全国のどのクリニックでもカウンセリングは必ず行われます。話しやすい医師かどうかや、信頼できそうな医師かはカウンセリングを受ける事でも知れます。相性は非常に重要ではありますが、美容整形では医師の腕によって副作用の有無や結果は左右される現実があります。その為、重要視するべきポイントは医師の腕や技術に対する信用性になります。技術力はカウンセリングだけではわかりませんので、クリニック探しの際にホームページでクリニックの事及び在籍医師の経歴を確認する事が大切です。十分な症例数をこなしているのかや、求めるボトックス治療に精通しているのかを経歴で確認する事ができます。その上でクリニックを選択し、カウンセリングを複数機関で受ける事で信頼できるクリニックを選抜する事ができます。最後に外してはならない確認ポイントですが、カウンセリングした医師と施術する医師が異なる場合もあります。自分の事をよく理解してくれているのは当然カウンセリングした医師なので、同意する前に施術医師が変更しない事も確認が必要です。

Copyright© 2020 ボツリヌス菌を使って筋肉の働きを制御してしわを消したり子顔にできる All Rights Reserved.